【画像比較】鍵山優真と父がそっくりで似てる!若い頃のイケメン写真も!

北京オリンピック・フィギュアスケートで銀メダルを獲得した鍵山優真選手。

お父さんもオリンピック出場経験がある元スケート選手です。

そんな鍵山優真選手とお父さんが「そっくり!似てる!」と話題に。

鍵山優真選手とお父さんの写真を比べてみます。

お父さんが若い頃のイケメン写真もご紹介します。

【画像比較】鍵山優真と父親が似てる

鍵山優真選手がコーチでもあるお父さんに似てる!と話題です。

画像で比較してみます。

顔がそっくり

鍵山優真選手と、お父さんの若い頃の画像です。

並べて見ると全体的に似ていますね。

鍵山優真選手はまだ幼い様子ですが、輪郭や瞳がそっくりです。

雰囲気が似ているのですぐに親子とわかります。

現在も、マスク姿の目元がそっくりとよく言われるそうです。

演技中のふとした表情なども似ていると言われています。

髪質なども似ているように見えます。

全体的に似ている親子ですが、鍵山優真選手の方が幼くて可愛らしいお顔ですね。

年をとるとお父さんにもっと似てくるのでしょうか。

最近の父・正和さんは現役の頃より輪郭がふっくらされました。

今の方が鍵山優真選手にそっくり!という声もあります。

スケート姿も似ている

鍵山優真選手とお父さんが似ているのは顔だけではありません。

スケートをしている姿も似ています。

スケーティングも佇まいも似ているという声が見られます。

鍵山優真選手は6歳の頃、お父さんがオリンピックに出場したことでスケートを始めてみようと思ったそうです。

お父さんにコーチをしてもらっていることもあり、滑り方や演技が似ているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

鍵山優真と父がそっくりとの声多数!

鍵山優真選手とお父さんがそっくり!という声がSNSでたくさん上がっています。

鍵山優真選手といえばスヌーピー好きで有名です。

お父さんの鍵山正和さんも現役時代にスヌーピーと一緒に映った画像が。

スヌーピーが好きなのはお父さんの影響だったのでしょうか。

お父さんと顔が似ていて好みも似ている鍵山優真選手。

仲の良い様子がうかがえますね。

お父さんの現役時代を知っていて、親子ともに応援しているという方も。

パパち現役当時から知ってて
当時カッコイイなと思ってた💕
親子でオリンピックは胸アツ🏅🇯🇵
目元だけ似てないと思ってたけど
お写真並べる全て似てる❣️

引用:twitter

そっくりなんだけど、
ゆまち→かわゆまち😍
パパち→かっこよち😍

あー親子箱推し

引用:twitter

親子でオリンピック出場はとてもすごいですよね。

これからの活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク

鍵山優真のお父さんの若い頃のイケメン写真!

鍵山優真選手のお父さん・鍵山正和さんは、若い頃どのような選手だったのでしょうか。

イケメンと話題だった【画像】

こちらは20歳の頃の鍵山正和さんの画像です。

シャープな輪郭と高い鼻。

目元は柔らかくてイケメンですね!

息子・鍵山優真選手より大人らしい顔立ちです。

身長は160cmで、息子の鍵山優真選手と同じ。

小柄でしなやかな演技がさらに格好良く見えますね。

こちらはファンの方と撮影したという画像。

柔和な表情がイケメンです。

当時はすごくモテたという噂もあるようです。

スケート姿もかっこいい【動画】

鍵山正和さんの現役時代の動画が残っています。

こちらは1989年ジュニア選手権の動画です。

滑り方も親子でそっくり!と話題になっています。

1994年世界選手権の時の様子です。

当時から膝と足首が柔らかいことが評価されていた鍵山正和さん。

猫のように柔らかいジャンプをすることから「猫足着氷」と言われていました。

着氷がとてもしなやかで安定感があります。

この膝と足首の柔らかさ息子の鍵山優真選手もしっかり受け継いでいるようですね。

スポンサーリンク

鍵山正和のプロフィール

鍵山正和さんのプロフィールをご紹介します。

プロフィール

名前:鍵山正和

誕生日:1971年4月12日

出身地:愛知県名古屋市

出身校:愛知工業大学名電高等学校、愛知工業大学中退

鍵山正和さんは、全日本フィギュアスケート選手権で1991年から3年連続優勝を果たした実力派選手でした。

オリンピックは1992年アルベールビル五輪、1994年リレハンメル五輪に2大会連続出場。

結果は8位入賞には届きませんでした。

ですが、1994年の世界選手権では自己最高の6位入賞

まだ日本のフィギュアスケーターが世界で活躍することが珍しかった時代に、素晴らしい成績を残したのです。

この大会をもって鍵山正和さんは現役を引退しました。

その後はプロに転向。

息子・鍵山優真選手のコーチとしても活動を続けています。

2018年に脳出血で入院

父・鍵山正和さんは2018年に脳出血で入院しています。

当時47歳。

現在も後遺症が残っているそうです。

父子家庭で息子の子育てとコーチを両立していた正和さん。

入院中、息子の鍵山優真選手は1人で練習に励みました。

自分が頑張ればお父さんの病気も良くなるはず。

そう思いながら練習メニューを考え、動画を入院中の父に送ってアドバイスを貰う日々だったそうです。

半年後に退院した正和さんは息子の成長に驚いたとか。

オリンピックという舞台で18歳ながらも大活躍した鍵山優真選手。

お父さんの病気を経て成長した結果だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

鍵山優真と父がそっくりで似てる!まとめ

鍵山優真選手とお父さんが似ている画像についてご紹介しました。

鍵山優真選手は顔だけでなくスケーティングもお父さんにそっくり。

膝と足首の柔らかさを活かしたジャンプもお父さん譲りでした。

これからの活躍も楽しみですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。