【画像】郷亜里砂(スケート)が可愛い!妹もかわいいと話題!【北京オリンピック旗手】

2022年北京オリンピックの旗手に選ばれたスピードスケートの郷亜里砂選手。

「可愛い!」と話題になっていました。

郷亜里砂選手の妹もかわいい!と注目されています。

郷亜里砂選手について気になる情報をご紹介します。

郷亜里砂のスケート姿やプライベートの私服姿が可愛い!

34歳で北京オリンピックの代表に選ばれた郷亜里砂選手。

「遅咲きのヒロイン」とも呼ばれています。

平昌オリンピック出場時から「可愛い!」と話題になっていました。

スケート姿がかわいい

平昌オリンピックで全国放送された際は「郷亜里砂選手可愛い!」と話題になりました。

笑顔がとてもキュートですよね。

北京オリンピックの活躍を楽しみにしているファンがたくさんいます。

プライベートもかわいい

郷亜里砂選手はプライベートでもかわいいと話題です。

郷選手のインスタグラムではプライベートの写真も見ることができます。

魚釣りを楽しむ郷選手。

友人たちとのオフショット。

30代には見えないほど童顔で可愛いですね。

平昌オリンピック後、テレビ番組で振袖を披露したことも。

スポンサーリンク

【画像】郷亜里砂の妹もかわいい!

郷亜里砂選手の妹もかわいいと話題になっています。

妹は郷真璃那(まりな)さん。

姉・亜里砂さんと同じく白樺学園高等学校、山梨学院大学の出身。

スピードスケートをしていたそうです。

妹の真璃那さんが注目されたのは、郷選手のインスタグラム。

一緒に映る美女は誰?と話題になりました。

左が妹の真璃那さん、右が郷選手です。

現在は競技を引退しているそうですよ。

スポンサーリンク

郷亜里砂の簡単なプロフィール【北京オリンピック旗手】

プロフィール

名前:郷亜里砂

誕生日:1987年12月12日

出身地:北海道別海町

身長:160cm

体重:54kg

出身校

  • 白樺学園高等学校
  • 山梨学院大学

高校では目立った成績を残せなかった郷選手。

スケートを辞めて専門学校に進学しようとしました。

しかし父親に「もう少し続けてみないか」と説得され、山梨学院大学へ進学することを決意。

大学時代の郷亜里砂選手。

大学では恩師・川上隆史監督に出会います。

大学では再び、スピードスケートとショートトラックの両立に取り組みます。

体格は小さく恵まれていないと評された郷選手。

それでも懸命に練習を続けます。

2010年の日本学生氷上競技選手権大会で、女子500m・女子1000mの「大学生2冠」になるほどに成長しました。

大学卒業後

大学生2冠の成績を残しても実業団から声がかからなかった郷選手。

大学卒業後は川上監督の紹介で山口国体に向けての山口県の強化選手を2年間務めました。

その後、帯広市内の会社の支援でさらに2年間競技を続けます。

ですが、2013年ソチオリンピック代表選考会は5位という結果に。

オリンピック出場は叶いませんでした。

イヨテツスポーツクラブ所属

郷選手はソチオリンピックという目標を失い、現役引退を考えます。

しかし恩師・川上監督が励まします。

「もう少し頑張ったら五輪に行けるぞ」

「まだ追いつけるよ。応援してくれる人もいるから」

周囲の応援もあり、郷選手は平昌五輪を目指すようになります。

そんな時、愛媛国体に向けての強化選手として愛媛県のスポーツ専門員に採用。

同時に伊予鉄グループの「イヨテツスピードクラブ」に所属することになりました。

北海道出身の郷選手が愛媛で活躍する理由はこのような経緯からです。

2018年平昌オリンピック出場

イヨテツスピードクラブに所属した後、ナショナルチームに選出された郷選手。

数々の賞歴をかさねていきます。

  • 2017年1月:愛媛国体女子500m 優勝
  • 2017年2月:札幌冬季アジア大会スピードスケート女子500m 3位
  • 2017年11月:ワールドカップ女子500m 3位

そしてオリンピック代表選考会では500mで2位、1000mで3位に。

30歳にして初めてオリンピック代表に選ばれました。

この時のインタビューで郷選手は「諦めないでやってきて良かった」と語っています。

平昌オリンピック本番ではメダル候補と言われるまで成長しました。

しかし結果は8位。

入賞は果たしましたがメダルには届きませんでした。

目標のメダルはわずか「0秒33」という差。

スタートしてからは無心で、何も考えられなかった。あっという間の500メートルでした。力は全部この舞台で出し切れたのかなという思いと、これがオリンピックなんだなという気持ち。タイムを見て悔しさしかなかった。すいません。たくさんの方に応援していただけたので、少しでもこの舞台で滑っているところを見てもらって良かったと思います。

涙ながらに語る郷選手の姿が当時話題になりました。

2022年北京オリンピック出場

平昌オリンピックをやり遂げた郷選手は現役引退を発表。

しかし、1年後の2019年には再び現役復帰します。

2020年に北海道帯広市で開催されたスピードスケート・全日本選抜競技会では、平昌オリンピックの金メダリスト・小平奈緒選手を破って優勝。

何度も競技を諦めかけて、それでも続けてきた郷亜里砂選手。

34歳にして再びオリンピックの切符を手にしました。

スポンサーリンク

【画像】郷亜里砂(スケート)が可愛い!まとめ

スピードスケートの郷亜里砂選手。

可愛いだけでなくひたすらスケートを続けてきた努力家です。

北京オリンピックでは念願のメダル獲得はできるでしょうか。

本番がとても楽しみですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。