【Photoshop】新機能フィルター風景ミキサーの使い方・やり方!草木を生やせると話題!

Photoshopの新機能フィルターの『風景ミキサー』が話題になっています。

簡単に草木や雪や紅葉に写真を変化させられるという機能です。

今回は風景ミキサーの簡単な使い方や話題になった画像を紹介します。

Photoshopの新機能『風景ミキサー』が追加

2021年10月27日に2022年版のアップデートが実施されました。

新たな新機能が多数追加しましたが、その中の『風景ミキサー』がすごいと話題になっています。

アドビのクリエイター向けイベント「Adobe MAX 2021」が10月27日に始まった。

10月28日の2日間にわたり、PhotoshopやLightroomなどの各種アプリケーションの活用やテクノロジーに注力した内容が配信される。(Ver.23.0にバージョンアップしたデスクトップ版Photoshop)

 

ニューラルフィルターではベータ版として「風景ミキサー」、「カラーの適用」、「色調和」の3つの機能が追加された。

(引用:Impress Watch

風景ミキサーとは

元の写真(画像)をに草木を生やしたり、雪を降らせたり四季を変えられます。

空も夕焼けにできたり時間帯も変えられるという機能です。

これらが簡単にできて、リアルな仕上がりになるため好評です。

スポンサーリンク

フォトショップ『風景ミキサー』の使い方・やり方!

やり方はとても簡単です。

普段フォトショップを利用している方はすぐにできるので、ぜひやってみてください。

風景ミキサーのやり方

①Adobe Creative Cloudを起動

②Photoshopのバージョンを確認する

③23.0未満の場合、Photoshopの右側の三点リーダーをクリックしバージョンを23.0以上にする

④「フィルター」→「ニュートラルフィルター」→「風景ミキサー」を選択

⑤好きな画像をクリック

→AIが画像を認識し自動変換してくれます。

こちらの動画も分かりやすいです。

風景ミキサーができない!という方

「上記のようにしてもできない!」という方も多発しています。

できない方は一度、「編集」→「環境設定」→「パフォーマンス」「グラフィックプロセッサーを使用」のチェックを外してみてやってみてください。

スポンサーリンク

【Photoshop】新機能フィルターで草を生やせると話題

フォトショップの新機能の素晴らしさはSNSで拡散されて話題になりました。

いくつか紹介します。

鳥取砂丘が草原になっています。

人々も草になっていてびっくりですね。

こちらは東京ビックサイトです。

なんだか歴史を感じますね。

こちらは四季も感じられますし、時間の移り変わりも感じられます。

素敵ですね。

白川郷も一気に雪景色です。

スポンサーリンク

【Photoshop】新機能フィルター風景ミキサーの使い方まとめ

今回は『【Photoshop】新機能フィルター風景ミキサーの使い方・やり方!草木を生やせると話題!』と題して紹介しました。

風景ミキサーは、細かい作業はなくクリックするだけで風景が変わる新機能でした。

とても簡単なので、ぜひ一度試してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。