花粉症ハラスメントとは何?意味や事例は?杉を振り回す?窓を開けること?【ツイッターまとめ】

花粉症ハラスメント

2020年2月21日TBSの情報番組『グッとラック!』で花粉症ハラスメントが取り上げられました。

初めてこの言葉を聞いて「花粉症ハラスメントとは何?」「杉振り回すこと?窓開けっ放しとか?」と疑問に思いました。

ツイッターなどのSNSでもかなり反響があったので、まとめてみました。

同じように気になった方は、ぜひ最後までご覧ください。

花粉症ハラスメントとは何?意味や事例は?

まず、花粉症ハラスメントとは何なのでしょうか。

<花粉症ハラスメントとは>

「花粉の力を利用した嫌がらせ」です。

花粉症ではない人が、花粉を撒き散らすような行動をしたり、花粉症患者に花粉症を理由に圧力をかけることです。

具体的に、こちらにまとめました。

花粉をつけた衣服で家や会社を出入りをする。

窓などを過度に換気する。

くしゃみや鼻水などの花粉症の症状を出さないよう注意をしてくる。

勤務中は目薬や点鼻薬を使わせない

マスクの使用を禁止

花粉症だから業務効率低下していると怒る

花粉症の病院ための有給休暇は却下する。

重度の花粉症の者にわざと外勤を強要する。

いかがでしょうか。

これだけ見るとひどいですが、「花粉をつけた衣服で出入りする」など、仕方ないこともあるんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

花粉症ハラスメントって「杉のこと?窓を開けること?」世間とのギャップ

「花粉症ハラスメント」というワードを聞いた時に「窓を開けっ放しにする人のことかな」「杉を振り回してくる人かな」と思った人が多いようです。

しかし番組に取り上げられた花粉症ハラスメントは

花粉症の人がいたら気を付けて

花粉症で辛いので多少のことは許して

というものでした。

なんだかTVの紹介だと「花粉症なんだから繊細に扱ってほしい」と言っているような感じですね。

視聴者は「わざと〇〇させられた」というのをハラスメントだと思っていたので批判の声も多かったです。

スポンサーリンク

花粉症ハラスメントに対するツイッターでの反応は?

ツイッターのトレンドにもなっていた「花粉症ハラスメント」というワード。

世間の反応はどうでしょうか。

なかなか厳しい意見が多いですね。

ハラスメントのハラスメントだという意見が多かったです。

スポンサーリンク

花粉症ハラスメントまとめ

今回は『花粉症ハラスメントとは何?意味や事例は?杉を振り回す?窓を開けること?【ツイッターまとめ】』と題してまとめてみました。

花粉症ハラスメントとは花粉の力を利用した嫌がらせのことでした。

花粉症ハラスメントとしてTVで紹介されたのが、「花粉症の人がいたら気を付けて・花粉症で辛いので多少のことは許して」

という内容なったので、批判のコメントが多かったようです。

 

花粉症の方も、そうでない方もお互い理解し合いながら過ごせるといいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。