新一万円札がダサい?中国の紙幣みたい!毛沢東に似てると話題に

新一万円札のデザインが発表されました。

そんな新デザインをみて「フォントがダサい」「中国の紙幣みたい」との声が多数!

また「渋沢栄一が毛沢東に似てる」という意見もあったので画像比較し紹介します。

新一万円札のフォントがダサい?

2021年9月1日に日本銀行がTwitterで新一万円札のデザインを発表したことが話題になっています。

新一万円札がダサいとの声

この「新一万円札のデザインがダサい!」との声が多く特にフォントに注目が集まっていました。

このようにフォントについて検証している方もいました。

このフォントになった理由はなぜ?

あまり評判はよくないフォントですが、このフォントになった理由はあるのでしょうか。

このフォントは外国人や弱視の人にも分かりやすく出来ているそうです。

数字を大きくすることで視力の弱い人や漢字を読めない人でも分かるようになっています。

明朝体などだと分かりにくいんですね。

『弱視の方と海外の方にも分かりやすいデザイン』ということでこのフォントになりました。

スポンサーリンク

中国の紙幣みたい!渋沢栄一と毛沢東が似てると話題に

中国の紙幣にみえる

SNSでは「中国の紙幣にみえる」という声も多かったです。

きっと使っているうちに慣れていくと思いますが、今は違和感がありますね。

毛沢東に似てる

「中国の毛沢東に似てる!そっくり!」という意見も多かったです。

比較画像

日本と中国の紙幣で『渋沢栄一と毛沢東』を比べてみました。

服装は違いますが、顔の角度や輪郭がそっくりですね。

顔のパーツをよくみるとかなり似ている気がします。

スポンサーリンク

新一万円札はいつから?

この新一万円札は2024年度から発行されると発表されています。

一万円札の他にも五千円札、千円札と発行されます。

まだしばらく先ですね。

スポンサーリンク

新一万円札がダサい?まとめ

今回は『新一万円札のフォントがダサい?中国の紙幣みたい!毛沢東に似てると話題に』と題してまとめてみました。

フォントには「海外の人や弱視の方のため」というきちんとした意味がありました。

また今は違和感がありますが、すぐに慣れそうですね。

2024年までまだまだ注目されそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。