戸塚優斗は兄弟いる?父親や母親の職業は?家族構成まとめ!【北京オリンピック】

北京オリンピックでメダル候補として注目されているスノーボード・ハーフパイプの戸塚優斗選手。

20歳で五輪代表とのことで父親・母親はどんな方なのか話題になっています。

また、兄弟はいるのでしょうか?

戸塚優斗選手の家族構成をご紹介します。

戸塚優斗は兄弟いる?

兄弟の有無

戸塚優斗選手について調べると「亡き兄」と出てきます。

「戸塚選手って兄弟いるの?」と気になる方がいらっしゃるかもしれません。

ですが、戸塚選手に兄弟はいません。

父親、母親と3人家族のようです。

亡くなった兄は誰?

戸塚優斗選手の「亡き兄」とは誰のことなのでしょうか。

それは柳原真央さんというYONEX契約ライダーだった方です。

柳原選手は戸塚選手の7歳上。

レッスンイベントで知り合ったという2人。

戸塚選手は柳原選手を兄のように慕っていたのです。

兄弟のように仲良く、師弟のように厳しくもある。

柳原選手は戸塚選手にとってとても大事な存在だったんですね。

戸塚優斗選手がまるで兄のように慕っていた柳原真央選手。

2011年12月大会に向かう途中、交通事故で亡くなってしまいます。

まだ17歳という若さ。

将来を期待されていた選手でした。

大会終了後の表彰式でそのことを知らされた戸塚選手。

事実を受け止めきれず、呆然としてしまったそうです。

「真央くんが生きていたら、一緒に五輪に出られたかもしれないね」

そう語る戸塚優斗選手。

戸塚選手の板には「NEXT SKY MAO」と書かれたステッカーが。

今も柳原選手の夢と共にスノーボードを続けているんですね。

スポンサーリンク

父親や母親の職業は?家族構成まとめ!

家族構成

戸塚優斗選手の家族構成は、

  • 父親
  • 母親
  • 戸塚選手

3人家族です。

父親と母親の職業は?

戸塚選手の父親と母親は一般の方でした。

職業など詳しい情報は今のところわかっていません。

きっかけは母親!

戸塚選手は母親の影響で3歳頃からスノーボードを始めます。

父親・母親ともにスノーボードの選手ではありません。

スノーボードは母親の趣味だったようです。

しかし戸塚選手自身は当時「嫌々していた」とのこと。

スノーボード好きの母親に無理やりやらされていたそうです。

こちらの動画でスノーボードを始めた頃のコメントが見られます。

ハーフパイプも母の影響

戸塚選手がハーフパイプに興味を持ったのも母親の影響だそうです。

小学3年生の時、母親がパイプでエアーしている姿を見たことがきっかけでした。

その後、戸塚選手はYONEXのジュニア・グローアップ・プロジェクトに参加。

スノーボーダーとして能力を伸ばしていきます。

高校1年生の時にワールドカップで優勝。

その時の映像がこちら。

その後、ナショナルチームで片山來夢選手と出会います。

これらのきっかけでスノーボードを楽しく感じるようになったそうです。

母親の影響で嫌々スノーボードをしていたという戸塚選手。

「やらされていた」感覚から「好き」に変わったと言います。

スノーボードに対する見方が変わってからさらに実力を発揮していきます。

スポンサーリンク

戸塚優斗の第2の母親の存在

戸塚優斗選手にはもう1人母親的な存在がいます。

それは元・プロスノーボーダーで元YONEXコーチの三井真紀さん。

コーチとして幼少期から戸塚選手を支えていた存在です。

三井真紀(みついまき)

1974年3月14日生まれ

戦歴

2007年FISキスマーク・ジャパンオープンマッチ
女子ハーフパイプ2位

2007年FISワールドカップ・富良野大会

女子ハーフパイプ5位

三井さんは「第2のお母さんのつもり」で接していたとか。

「挨拶の声が小さい」「野菜を食べなさい」なども指導されていたそうです。

戸塚選手も三井さんを「お母さーん!」と呼ぶなど信頼していました。

兄のような存在だった柳原選手。

第2の母親のような三井真紀さん。

色々な方に支えられて戸塚選手はスノーボードを続けて来られたんですね。

スポンサーリンク

戸塚優斗が北京オリンピック出場決定

北京オリンピックに出場が決定した戸塚優斗選手。

2021年はスノーボード最高峰の4大大会を4連勝で制覇。

圧倒的な強さを見せ、金メダル有力候補と言われています。

北京オリンピック・ハーフパイプに選ばれたのは男女合計8名の選手です。

・平野歩夢(3回目・2014年ソチ銀メダル、2018年平昌銀メダル)

・戸塚優斗(2回目・2018年平昌11位)

・平野流佳(初出場)

・平野海祝(初出場)

・冨田るき(初出場)

・小野光希(初出場)

・冨田せな(初出場)

・今井胡桃(2回目)

戸塚選手が憧れている平野歩夢選手も出場します。

皆さんの活躍が楽しみですね。

2018年平昌五輪の結果は?

16歳で初のオリンピックということで注目されていた戸塚優斗選手。

予選を10位で突破して決勝に進みます。

しかし2本目で着地に失敗して担架で搬送。

3本目を棄権したので、11位という結果に終わりました。

初めてのオリンピックという舞台で緊張。

そしてテンションも上がって制御が効かなかったそうです。

北京オリンピックの目標

平昌五輪で棄権という形になった戸塚選手。

その悔しかった思いから、北京五輪では「滑りきる」ことを目標にしているそうです。

そしてルーティンをきちんとこなすこと。

ルーティンをこなした結果、金メダルに繋がれば…と語っています。

毎日の練習成果を本番で同じように発揮することは難しいですよね。

戸塚選手はあくまでいつも通り、平常心でやり切りたいという考えでしょうか。

絶対に前回のオリンピックよりも、体も技術も成長できていると思っています。だから、北京五輪でいい結果を残すために、気持ちの部分を直前のシーズンで整えたいですね。

引用:Yahooニュース

そうコメントする戸塚選手。

良い結果に繋がるよう応援したいです!

スポンサーリンク

戸塚優斗のプロフィール

プロフィール

名前:戸塚 優斗(とつか ゆうと)

出身:神奈川県横浜市保土ヶ谷区
誕生日:2001年9月27日
身長:169cm

体重:63kg

趣味:バイク

スノーボード以外ではバイクが趣味の戸塚選手。

小学校5年生の時に日本スノーボード協会公認プロ資格を取得しています。

出身校(学歴)

  • 横浜市立市沢小学校
  • 横浜市立西谷中学校
  • 光明学園相模原高校

横浜出身で横浜の学校に通い続けていた戸塚選手。

スノーボードの練習は山梨県笛吹市のカムイみさかスキー場に通っていたそうです。

2022年現在は日本体育大学の2年生です。

日体大スキー部のYoutubeチャンネルに戸塚選手のインタビューが公開されています。

戦歴(経歴)

  • 2017年 全日本選手権優勝
  • 2017年 FISワールドカップ優勝
  • 2018年 平昌オリンピック出場
  • 2020年 エックスゲーム・アスペン2位
  • 2020年 FISワールドカップ・マンモスマウンテン優勝
  • 2020年 デュー・ツアー2位
  • 2020 年USオープン優勝
  • 2021年 FISワールドカップ・ラークス優勝
  • 2021年 エックスゲーム・アスペン優勝
  • 2021年 FISスノーボード世界選手権優勝
  • 2021年 FISワールドカップ・アスペン優勝
  • 2021年 ナショナルチャンピオンシップ優勝

2021年は4大大会を制覇し負け知らずだった戸塚選手。

この勢いのまま北京オリンピックも活躍してほしいですね。

戸塚優斗は兄弟いる?まとめ

2022年、20歳になった戸塚優斗選手。

2度目のオリンピック出場でさらに期待が高まっています。

本番はどのような活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。