第五人格や荒野行動はなくなる?制限かかる理由はなぜ?どうなるのと心配の声!

2020年7月28日に中国製アプリの制限を提言する方針を固めたと政府が発表しました。

TikTokの名前は出ていますが、第五人格や荒野行動は今後なくなるのでしょうか。

第五人格や荒野行動が制限がかかる理由も簡単にまとめてみました。

自民党が中国製アプリの制限を要請!

2020年7月28日に中国製アプリの制限を提言する方針を固めたと政府が発表

日本の一部の国会議員たちがインドや米国に倣って、TikTokなど中国の企業が開発したアプリの使用を制限しようとしている。

インドはすでに中国のアプリを数十件もブロックしており、米国では政府による禁止が検討されているという話がある。 議員の動きを最初に報じたのはNHKだ。

弁護団は、米国とインドの政府職員と同じように国内ユーザーのデータが北京の手に渡るという懸念を共有し、使用制限の提議を早ければ9月にも日本政府に提出するつもりだ。

(引用:Yahoo!ニュース

TikTokは今若者を中心にかなり人気なサイトです。

そして口頭では言われていませんが中国製アプリの中には、人気のアプリ第五人格や荒野行動などもあります。

各国の対応は?

インドは中国製アプリをすでに使用を禁止しています。

アメリカはこれから自国から中国製アプリを排除しようとしています。

そして香港はTikTokの運営を停止しているようです。

スポンサーリンク


第五人格や荒野行動はなくなる?制限かかる理由はなぜ?

中国製のアプリ制限が行われる理由はなぜでしょうか。

簡単にいうと『中国政府に個人情報が漏洩する恐れがある』という理由です。

名前

メルアド

住所

位置情報

コピーした文章など

これらが漏れている恐れがあると言われています。

もちろん中国政府は否定しているので、真相は分かりませんがインドも中国製アプリを禁止しているので、確信となる何かがあった可能性が高いですね。

日本は菅官房長官が7月27日の記者会見で「サイバーセキュリティーに関する動向は常に注視している。個人が特定される情報の投稿や登録は、十分注意することが重要だ」と指摘しました。

アメリカは「利用すれば、個人情報が中国共産党の手に渡りかねない」と言っているので、本当に危ないのかもしれません。

第五人格や荒野行動は制限がかかるかもしれませんが、なくなるかについては政府も公式サイトも言及されていません。

名前が出されたTikTokも今はアプリがなくなることを否定しているので、第五人格などもまだ大丈夫そうですね。

スポンサーリンク

第五人格や荒野行動どうなると心配の声!

なくなるんじゃないかと心配の声が多かったです。

今後どうなるか分からないので、課金をする人はちょっと減るかもしれませんね。

スポンサーリンク

中国製アプリって何があるの?

他の中国製アプリが気になったので調べてみました。

主に日本人が使っているのはこちらですね。

今後の政府の対応に注目が集まりそうですね。

スポンサーリンク


 

第五人格や荒野行動はなくなる?まとめ

今回は『第五人格や荒野行動はなくなる?制限かかる理由はなぜ?どうなるのと心配の声!』と題してまとめてみました。

制限されるかもしれない理由は、個人情報漏洩の防止のためでした。

今後どのように規制されるのかかなり注目が集まりそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。