フアン・ソトの年棒は?結婚・年齢・経歴などプロフィールまとめ【ホームランダービー】

2021年7月12日に大谷翔平にホームランダービーで勝ったフアンソト選手が話題になっています。

「すごい!かっこよかった!」との声が多数のフアン・ソト選手はどんな人なのでしょうか。

年棒・結婚・年齢・経歴など主なプロフィールを紹介します。

 【ホームランダービー】フアン・ソト選手が大谷翔平に勝利

2021年7月12日にホームランダービーが開催されました。

エンゼルスの大谷翔平投手が12日(日本時間13日)、ロッキーズの本拠地、クアーズ・フィールドで行われたホームランダービーに出場。

1回戦で対戦したナショナルズのソトに延長戦の末、敗れた。

 

通常の3分間と1分間のボーナスタイムで22本で並んだため、1分間の延長戦に挑んだ。

先攻のソトは6本を追加し、合計28本。後攻の大谷も同じく6本追加の28本でさらなる延長戦。

3スイング制で、先攻のソトは3スイングで3本のサク越え。合計31本とした。

後攻の大谷は最初のスイングで打ち損ねて、ホームランはならずに28本。ホームランダービー史上、まれに見る激闘の末、敗れた。

(引用:スポーツ報知

ホームランダービーとは

1985年に始まった球宴前夜祭の人気イベントです。

8人が本塁打数の合計を1回戦、準決勝、決勝で競います。

1回戦と準決勝が3分間。決勝は2分間の本数を勝負するものです。

優勝賞金は100万ドル(およそ1億1000万円)

ソト選手もかなり称賛されていますね。

スポンサーリンク

フアン・ソト選手の年棒・経歴は?

経歴

2015年:アマチュアFAでワシントン・ナショナルズと契約

 

2016年〜2017年:マイナーで過ごす

 

2018年:ナショナルズに昇格 ロサンゼルス・ドジャース戦でメジャーデビュー

5月21日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャー初ホームランを記録・球団の最年少記録を更新。

左翼手のレギュラー、10代での記録を達成。

9月14日のアトランタ・ブレーブス戦で10代史上3人目の20本塁打を記録。

最終的に116試合の出場で打率.292、22本塁打、70打点を記録。

6月・7月・9月のルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)の投票2位。

 

2019年:30本塁打に到達。

150試合の出場で打率.250、34本塁打、100打点を記録。

ポストシーズンでも打率.277、5本塁打、14打点の活躍で、ナショナルズ史上初の世界一に貢献した。

 

2020年:打率.351で首位打者のタイトルを獲得。

21歳での獲得はナショナルリーグ最年少・ナショナルズ史上では初。

シルバースラッガー賞も受賞。

年棒

年棒は推定ですが

2021年:8,500,00ドル

日本円で約9億3,808万円と言われています。

スポンサーリンク

フアンソト選手の結婚・年齢などプロフィールまとめ

プロフィール

名前:フアン・ホセ・ソト・パチェコ

出身:サントドミンゴ

生年月日:1998年10月25日

身長:185cm

体重:99kg

ポジション:外野手

投球打席:左投左打

チーム:ワシントンナショナルズ

年齢

年齢は22歳です。(2021年7月現在)

大谷翔平選手は27歳なので5歳差なんですね。

まだまだとっても若いです。

結婚

結婚の情報はどこにもありませんでした。

22歳ですし、していない可能性が高いです。

しかしこの若さですごい実力なのでとてもモテそうですね。

ちなみにこちらはお母さんです。

とても若いですよね。

Twitter

インスタ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Juan José Soto Pacheco(@juansoto_25)がシェアした投稿

スポンサーリンク

フアン・ソト選手の年棒は?まとめ

今回は『フアン・ソト選手の年棒は?結婚・年齢・経歴などプロフィールまとめ【ホームランダービー】』と題してまとめてみました。

フアンソト選手はまだ22歳でかなりの実力があるすごい方でした。

これからも大谷翔平選手の良きライバルとして注目が集まりそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。