【2020】募金ラン高橋尚子のギャラはいくら?走る意味など賛否両論の声多数!【24時間テレビ】

2020年8月16日に24時間テレビのチャリティーマラソンを今年は『募金ラン』にすると発表しました。

高橋尚子さんがランナーで5キロ走ったら10万円募金するという企画です。

この発表に「素晴らしい!」「こんな時に走る意味ある?」と賛否両論でした。

ギャラについてもまとめてみました。

【2020】24時間テレビの募金ランとは?

2020年8月16日『行列のできる法律相談所』で24時間 TVのランナーが発表されました。

毎夏恒例の日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ43 愛は地球を救う」(8月22、23日=東京・両国国技館)の放送中に生挑戦する大型企画が16日、「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)の番組内で発表された。

シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(48)が中心となった「募金ラン」で、1周5キロのコースを周回するごとに10万円を寄付する。

(引用:スポーツ報知)

今年は密を避けるために通常のマラソンではなく、私有地を走るそうです。

そして5キロ走るごとに10万円を募金するチャリティーマラソン(募金ラン)にすると発表しました。

すでに一緒に走る助っ人が数名集まっているようです。

番組では、あと一人チャリティー募金の趣旨に賛同できるアスリートや著名人の参加を呼び掛けました。

(一般人は受け付けていないです。)

スポンサーリンク

募金ランのギャラは?高橋尚子はいくら募金することになる?

ギャラをもらうのかは分かりませんが、過去のランナーの推定のギャラをみて比べてみました。

あくまで噂のギャラです。

萩本 欽一 2000万円

間寛平 300万円

山口達也 300万円

山田花子 400万円

はるな愛 700万円

大島美幸 1000万円

城島茂 1000万円

ブルゾンちえみ 1000万円

今回は、走れば走るだけ高橋尚子さんが募金するということですよね。

そのためギャラと同等か、ギャラから差し引かれていくと思われます。

目標で150kmは走りたいと話していた高橋尚子さん。

仲間も助っ人で走るのと、高橋さんが少し怪我をしているのでどうなるかわかりません。

しかし、もし150km走ったとしたら、300万円募金することになります。

本人的には「ギャラを募金する!という気持ちなのかな」という意見もありました。

ちなみに文春によると、通年、総製作費は6億円前後のようです。

スポンサーリンク

募金ランは「素敵!」「走る意味ある?」など賛否両論の声!

このマラソンには賛否の声が集まりました。

高橋さん本人もいろんな声がくるだろうと予想されていました。

でも動かないより動く!ことを選んだようです。

肯定的な声

批判的な声

スポンサーリンク

【2020】24時間テレビの募金ランのギャラは?まとめ

今回は『【2020】募金ラン高橋尚子のギャラはいくら?賛否両論の声多数!【24時間テレビ】』と題してまとめてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。