【由来】大阪万博ロゴをコロシテくんと呼ぶ理由はなぜ?気持ち悪い・ヤバいと話題に!

2020年8月25日に『大阪・関西万博』に使われるロゴが決定し話題になりました。

「気持ち悪い。ヤバイ」という声が多数でしたが、インパクトのある絵で評判も良いようです。

また「コロシテくん」とちまたで呼ばれ始めています。その理由は何故なのかまとめてみました。

大阪万博ロゴが決定!

2020年8月25日に大阪万博のロゴが決定しました。

かなり独特なデザインだったので、かなり話題になっています。

デザインコンセプト

踊っている。跳ねている。弾んでいる。だから生きている。

大阪・関西万博。1970年のデザインエレメントをDNAとして宿したCELLたちが、2025年の夢洲でこれからの未来を共創する。

関西とも、大阪府ともとれるフォルムを囲んだメインシンボルだけでなく、CELLたちは、文字や数字を描きだし、キャラクターとしてコミュニケーションする。

自由に。有機的に。発展的に。

いのちの輝きを表現していく。

(引用:万博公式HP

「いのち輝く未来社会のデザイン」というテーマで描かれたイラストです。

スポンサーリンク

大阪万博ロゴをコロシテくんと呼ぶ理由はなぜ?由来は?

今Twitterでは「コロシテくん」と呼ばれています。

公式ではそのような名前が発表されていないのに、どこからその名前が出てきたのでしょうか。

本来のキャラクターに無理をさせて、キャラクターが苦しそうなので「いっそ殺して欲しい」「シテ…コロシテ……」

と言っていそう。

ということから昔からキャラクターに無理させているイラストのことを「コロシテくん」というそうです。

こういう感じで無理させていることをいうようです。

スポンサーリンク

大阪万博ロゴが気持ち悪い・ヤバイと話題に!

かなり気持ち悪いと言われています。

しかし、これだけ騒がれているのでデザインとして注目されいるので「成功なのでは?」と感じますね。

スポンサーリンク

大阪万博ロゴがコロシテくんと言う理由はなぜ?まとめ

今回は『【由来】大阪万博ロゴをコロシテくんと呼ぶ理由はなぜ?気持ち悪い・ヤバいと話題に!』と題してまとめてみました。

キャラに無理をさせている感じがコロシテくんと呼ばれている理由でした。

今後グッズなども出ると思うので、楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。